2012年03月10日

マクロビオテックを学ぶ料理の基礎

マクロビオテックとは昔ながらの、
おばあちゃんの手料理のような料理を総称してよんでいます。

マクロビオテック料理を作るというのは、どういう事だと思いますか?

作った事が無い料理をする時に、レシピを本や、雑誌、インターネットから
探して、そのレシピを見ながら作ろうとしますよね。

そこでマクロビオテック流料理を探して見ましょう。
>富川浩一のマクロビオティック料理教室を見てみる<

作った事がないのですから、レシピを見ながら、もしくはお母さんやおばあちゃんに
聞いて作り方を覚えながら作ると思います。

そこでもし食材や調味料などで、自宅にない時やスーパーなどで
買うにしても他に使い道があるのか考えてみて下さい。

何回も同じ料理を作って使い切りますか?

そんな手もありですが、白インゲン料理週間なんて言うのがあったら
家族にいやがられそうですよね。

しかも、メニューは同じだとしたら。

マクロビオテック料理をアレンジして料理を作る、そこがポイントなんですね。

レシピを見た時に、あまり使わない食材だから違う食材を代用する。

もしくは、その食材を買ったとしても違うメニューで使い切って
しまう様にする。

冷蔵庫にしまった食材の賞味期限が来る前に、食材をアレンジして
メニューを考えられるようになる。

こんな事が出来たらいいと思っている方は多いのではないでしょうか。

料理教室に通えるなら、料理の基礎から教えてくれるのでアレンジが
出来るようになります。

でも、行く時間や、費用を考えるとなかなか行く事ができないで
悩んでいるのではないでしょうか。

料理は毎日作る物ですから、楽しくできないと続きませんよね。
>富川浩一のマクロビオティック料理教室はこちら<









マクロビオティック料理教室 | マクロビオティック料理 | マクロビオティック料理 食材 | 料理の作り方 | マクロビオティック料理 初心者
posted by バッケ at 23:07| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
link5.htmllink4.htmllink3.htmllink2.htmllink.html
経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。